【特集】RED WING(レッドウイング)特集|アイリッシュセッター ペコス エンジニア オックスフォード ベックマン

RED WING(レッドウイング)特集

1905年の創業以来110年にわたり、自社工場で伝統に基づくクラフトマンシップをもって、耐久性に富む靴をつくり続けているレッド・ウィング社。 創業者チャールズ・ベックマンは、新天地への夢を胸にドイツから移民してきました。 ミネソタ州のレッド・ウィング・シティで列車を降り、タンナー(革なめし工場)で働いた後、靴屋を始めました。 しかし既製の靴の品質に満足できず、「本当に良い靴だけ」を売りたいと、自ら靴をつくることを決意したのです。 レッド・ウィング・シュー・カンパニーの誕生です。 現在ではタンナーも傘下におさめ、靴のための革からつくる世界でも稀な靴メーカーとなりました。 創業者の精神は今日でも健在です。

RED WING SHOES ブーツ アイリッシュセッター

1952年に開発されたレッド・ウィング社のハンティングブーツライン「アイリッシュセッター」をルーツに持つ商品。 店舗限定にて展開されるこちらの商品は発売当初のディテールを備えた特別なブーツ。 猟犬アイリッシュセッターをデザインした織りタグや、当時の色を再現したゴールド・ラセット セコイアレザーはその代表的なディテールの一つ。

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ アイリッシュセッター 9875 GOLD(Gold Russet/8)
by カエレバ

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ アイリッシュセッター 9874 BLACK(Black/8)
by カエレバ

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ アイリッシュセッター 9871 GOLD(Gold Russet/10)
by カエレバ

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ アイリッシュセッター 9870 BLACK(Black/7)
by カエレバ

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ アイリッシュセッター 9866 GOLD(Gold Russet/9)
by カエレバ

RED WING SHOES ブーツ クラシックドレス ベックマン

ベックマンとは、1905年創業のレッド・ウィング社の創業者の名前である。 このブーツは、創業期、つまり20世紀初頭のレッド・ウィング社のブーツをベースに作り込んだ商品。 創業者の名を冠したベックマンブーツは、当時の「ドレスシューズ」として履かれていた6インチ丈のブーツであり、ドレスシューズとワークブーツそれぞれの個性を持つ。 この商品に使われているフェザーストーンレザーは、ドレスシューズの革のような透明感のある艶を持ちながら、ワークブーツの耐久性を兼ね備えた深みのある色合いが特徴のレザーである。

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ クラシックドレス ベックマン 9013 CHESTNUT(Chhestnut/7)
by カエレバ

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ クラシックドレス ベックマン 9016 CIGAR(Cigar/7)
by カエレバ

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ クラシックドレス ベックマン 9011 BLACK CHERRY(Black Cherry/8 1/2)
by カエレバ

RED WING SHOES ブーツ ワークオックスフォード

レッド・ウィング社は、1930年頃から軽作業用の短靴(オックスフォード)の製造にも力を入れ始めた。 1952年、レッド・ウィング社が8インチ丈のブーツ、877を発売しハンターやワーカーに支持される商品となると、数年後には、このソールやそのバリエーションを使った様々な商品が開発された。 ワーク オックスフォードもその一つである。 ブーツを履く際の煩わしさを無くしながら、丈夫さや雰囲気はそのままに作り込まれている。 この商品に使われているブラッククロームレザーは、もっともワークブーツらしいレザーの一つ。 顔料と樹脂でコーティングされた銀面(革の皮膚面)はオイルや薬品に高い耐久性を持つ。

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ ワークオックスフォード 8103 ORO RUSSET(Oro Russet/8)
by カエレバ

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ ワークオックスフォード 8106 BLACK(Black/8 1/2)
by カエレバ

RED WING SHOES ブーツ ヘリテージワーク エンジニア

1936年、レッド・ウィング社のカタログに登場した蒸気機関士の足元を守るために開発されたブーツをルーツに持つ。 この2268はスティール・トゥを備えた頑強なエンジニアブーツとして1961年に発売され、幾度かのマイナーチェンジを経て今日に至っている。 この商品に使われているブラッククロームレザーは、もっともワークブーツらしいレザーの一つ。 顔料と樹脂でコーティングされた銀面(革の皮膚面)はオイルや薬品に高い耐久性を持つ。

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ ヘリテージワーク エンジニア 2268 BLACK(Black/7 1/2)
by カエレバ

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ ヘリテージワーク エンジニア 9268 BLACK(Black/9 1/2)
by カエレバ

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ ヘリテージワーク エンジニア 8268 BROWN(Hawthorne/9)
by カエレバ

RED WING SHOES ブーツ サービスシュー ポストマン オックスフォード

1954年、レッド・ウィング社が「ポリスマンとポストマンのために」として発売した、黒いドレスタイプのアッパーを持つサービスシューズの一つ。 101は、90年代までUSポスタルサービス(アメリカ郵便局)の指定靴となり、「ポストマン・シュー」と呼ばれ多くのポストマンの足元を支えた。 この商品に使われているシャパラルレザーは表面に光沢を持ち、クリームで磨くほど強い光沢が出る。

[レッドウィングシューズ] RED WING SHOES ブーツ サービスシュー ポストマン オックスフォード 101 BLACK(Black/8 1/2)
by カエレバ