【楽天市場】Add Rouge アッドルージュ レディーススーツ専門店

アッドルージュ

スーツ&フォーマル専門店AddRouge(アッドルージュ)は、20代・30代・40代・50代の幅広い年代の女性を対象とした、通勤スタイルから冠婚葬祭まであらゆるシーンの服装を、ご提供するレディースファッションショップです。

税込8,640円以上お買い上げで送料無料。

カテゴリー

入園・入学式、卒園・卒業式のマナー

楽天市場

  • ママの服装で心がけるポイントとは
    式典に参加する母親のスーツのデザインに決まりはありませんが、派手すぎず、あまり流行に左右されないベーシックなデザインのものを選ぶことをお勧めします。また今後の保護者会や参観日など、学校行事にも使えるものが◎。ジャケットやワンピースを変えて楽しめる、着回し力のあるアイテムを選びましょう。
  • 私立小学校や幼稚園の服装は情報収集を
    私立の学校によっては、その園や学校ならではのルールがある場合もあります。卒園式でも入学式でも、ブラックフォーマルの方がほとんど、というところもあるようです。園長先生や所長の先生に伺ったり、先輩ママにお話を聞いたりして卒園式、入学式の服装マナーをチェックしておくといいでしょう。

お宮参りのマナー

楽天市場

  • お宮参りとは?
    お宮参りは、赤ちゃんの誕生を祝う行事の一つです。生後1ヵ月頃の都合の良い日を選んで神社に参拝し、お子さんの誕生を祝い健康と長寿を祈ります。初めての方はもちろん、どんな服装で参拝したら良いのか不安もたくさんあると思います。こちらでは、一般的に言われているお宮参りのマナーについてご説明いたします。
  • お宮参りの時期はいつ?
    お宮参りの時期は、正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とされていますが、こだわらず天気やお母さんの体調を配慮し参拝される方が多いようです。お宮参りの季節(春夏秋冬)に決まりはありません。真夏の猛暑日、真冬の厳寒期にお宮参りをするのは赤ちゃんのとってもお母さんにとっても身体に負担がかかります。暑さや寒さが特に厳しを避けたり、時期をずらしても良いのです。
  • ママの服装選びのポイントは?
    正式なお宮参りの作法では赤ちゃんを抱っこするのは父方の祖母とされています。現代ではしきたりにこだわらず、両親と赤ちゃんだけでお宮参りをすることもあります。ケースに合わせて服装を選ばれる方も少なくありません。赤ちゃんが洋装・洋服の場合には、母親も洋服でのお宮参りが多いようです。カラーのスーツ、ワンピースなどが定番とされていて、主流はベージュ、白、紺、黒などです。家族で記念撮影、スタジオ撮影をする場合には両親の服の色は紺や黒などのダークカラーの方が赤ちゃんが映えるという意見もあります。

    最近では、無事出産を終えたお母さんもまた主役の一人として赤ちゃんと美しく写るという方もいます。産後すぐだとまだ体型が戻っておらず体調も本調子ではない方は体型をカバーできるデザインの物や動きやすい物を選ばれる方が多いようです。夏場はあまり肌を露出しすぎるのもよくありませんのでカーディガンやジャケットなどの羽織れるものをご用意されることをお勧めします。髪型については控えめ、清楚、すっきりといった感じにするほうが母親らしく好印象です。派手な飾りは避け、軽くまとめたり、清楚なアレンジの髪型にします。

お通夜・お葬式のマナー

楽天市場

  • 通夜のマナー
    お通夜は、告別式の前日に親戚や友人・知人などが「駆けつける」といった意味合いが残っていますので、日程がお亡くなりになった日から数日後のことであっても、この意味合いが重視されるとも言われています。したがって、お通夜ではグレーや紺のスーツなど地味な平服のままでもかまわないようです。
    (※平服とは普段着のことではなく、礼服(礼装)ではなくても良いという意味です。)ただ、最近では告別式に参列できない方などの場合、喪服を着用する方も多く見られますので、用意できる場合は喪服を着用するのが良いでしょう(告別式のマナー参照)

  • 告別式のマナー
    葬儀・告別式に参列の場合は、その場にふさわしい服装として、基本的にブラックフォーマルを着用します。黒の長袖スーツが正式な喪服。本来は喪服を着るのは喪に服している遺族だけだったのですが。時代が変わると、喪服は喪に服することだけでなく弔意を表す意味を持つようになり葬儀の際の礼服として扱われるようになったとされています。

七五三マナー

楽天市場

七五三の起源は平安時代とされます。当時は子供の死亡率が高く七歳までは「神の子」とされました。すなわち、人間 として「一人前」とは考えられてなく現世に命がしっかりと定着していない者として扱われていたのです。その為に、これから健康を願い人生の通過儀礼として三歳から七歳の間にお祝いが行われるようになったと言われています。

  • 3歳
    男女とも髪を伸ばし始める
    ”髪置(かみおき)”
  • 5歳
    男の衣服である袴を着る
    ”袴着(はかまぎ)”
  • 7歳
    女の子の着物帯の装い始め
    ”帯解(おびとき)”

三歳で言葉を理解するようになり、五歳で知恵づき、七歳で乳歯が生え代わるなど… 発育してゆく上で病気にもなりやすく様々な危険を伴う時期なので健やかな成長を氏神様にお祈りをします。

>> 楽天市場で、アッドルージュをチェックする <<